2008年03月29日

抹消事項

2ヶ月ほど前に、ワードでのスタイルを活用するためのトレーニングを受けて以降。よく使う形式に対応するように、せっせと雛型を作っています。

たとえば、裁判資料の英訳であれば、レベル1が「第1」、レベル2が「1.」レベル3が「(1)」に対応するように、既存の事務所のテンプレートに手を加え、自動的にヘッダに最後に編集した日付が入るようにして、和訳であれば日本語の部分はMS明朝のフォントを、英数字部分は必ず Times New Roman になるように、工夫しました。

そんな流れの中で、参考訳を作成しなければいけないことの多い公式文書の一つにつき、秘書の方が原文と見た目がそっくりの美しい表形式の雛型を作ったということで、それにも少し手を加えて同じフォルダに保存しておきました。

すると、一昨日のチームミーティングの中で、書生君が自分でも雛型のコレクションを作っているので、是非利用してほしい、と発言したのです。

早速アクセスしてみると、想定していた場面が違ったのでほとんど重複しているものはなかったのですが、先ほどの公式文書の雛型のみ、秘書の方が作ったものがそのまま入っていました。

そこで、両方印刷して、隊長と書生君に、実は私自身これを少し修正したんだけど、今後はどっちをオフィシャルな雛型にしたいの?と聞きに行きました。

すると、隊長が "Where have you improved it?"(どこを改善したんだ?)と尋ねるので、フッター部分にある、

「下線は抹消事項であることを示す」

の訳を指差しました。

秘書の訳は

"Underlying shows items that have been cancelled."
(おそらくunderlining のタイプミスかと思われるのですが、underlying だと「根底にある」という意味になってしまいます)

であったのを、

"Underlined areas denote items that have been deleted."

に変更しておいたのです。

すると、隊長は、

"I disagree,"(僕は賛同しかねるな)

と言うではないですか。

"Why?" (なぜ?)と聞き返すと、

"Some of the items that are underlined are people. You can't delete people."

"Should I use "cancelled", then?"

すると、「うーん」という表情で、"Maybe..."superseded?" Because that's what's happening, isn't it?"

"But it says 末梢 in the original! Look!"(でも、原文には「末梢」とあるではないですか。見てください!)と抗議すると、たまたま手元にその性質の書類があったため、"Let's see," (どれどれ)とのぞき込みました。そして、

"Well, I see your point. But using the word "delete" just isn't good English. Sometimes it isn't a good idea to use direct translations. I mean, if someone said 「腹を切ってがんばります」, you wouldn't translate that as "I'll cut my belly open," would you?"

そして私が言葉に詰まってしまったのを見て、

"Besidses, you beat me yesterday, so now it's my turn. Hah!"
(それに、昨日は君に負けたんだから、今日は僕の番だぜ!)

と言うではないですか。

確かにその前の日には、日本語の契約を英訳するにあたり原文の一条項の解釈について意見が分かれ、結局は私の解釈の方が正しい、という結論に落ち着いてはいたのですが...あまりにも大人げがない!と思いました。

なんとなく腑に落ちない気分で自分の机に戻ったところ、突然解決策が見えてきました。そして、

"Underlined areas denote entries that have been deleted."

と書き換え、再び隊長のところへ持って行ったのです。すると、

"Can 「事項」really be "entries"?" と最初は不審な顔をしたのですが、2、3回読み直すと、"Well, I guess that would work," (まあ、それなら上手く行くかもな)

どうしても deleted を使いたかった私としては、かなり嬉しかったです。
かくいう私も、あまり大人げがないのかもしれませんね。
posted by EnglishMaster at 23:55| Comment(4198) | TrackBack(0) | 翻訳論議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

聴き比べ♪

今日はちょっとだけ趣向を変えて。
(英語日記の趣旨より、日本語の会話の英訳を添えます)

父が、所属しているアマチュアオーケストラで今度演奏する曲のCDを買って来ました。

何を買ったの?と聞くと、「シベリウスの交響曲2番だ」(Sibelius's Second Symphony)と言うではないですか。

「お父さん、それ私持ってるのに。どうして持っているかどうかを聞いてくれなかったの?」(Dad, I have that one! Why didn't you ask me if I had it?)

「え?そうだったか。もしかしてお前、チャイコフスキーのバイオリンコンチェルトも持っていたか?」(Oh, really? You wouldn't happen to have Tchaikovsky's Violin Concerto as well, would you?)

「もちろん持ってるよ!というより、お父さんが買ったのがあるじゃない。クレーメル演奏の」(I do! Actually, it's the one that you bought, with Gidon Kremer playing.)

「それに、Kが昨年プレゼントに、とくれたジョシュア・ベル」のサイン入りのCDもあるでしょ?」(Besides, don't you have a signed CD by Josha Bell tha K gave you last year?)
*Kは妹です。

「ああ、そうか。なーんか家にあるような感じがしてひっかかっていたんだよな。やっぱり買う必要はなかったのか」(No wonder I had the feeeling I had a recording at home. I guess I didn't have to buy this after all.)と落胆していたので、

「ところで、誰の録音を買ったの」(By the way, which recording did you buy?)と慰めのつもりで聞きました。

すると、気を取り直して「これはバイオリンはギル・シャハムで、シノーポリ指揮だよ。1993年だから比較的新しい録音で良いだろうと思って」(It's Gil Shaham playing with Sinopoli conducting. I thought it would be good because it's a 1993 recording and relatively new.)

で、一度だけギル・シャハムを生で聞いたことがある私が聞きたい、と言うと、素直に良いよ、と渡してくれたので、早速夕食を食べながらリビングルームのステレオで再生しました。

父は、「やっぱり新しい録音だからメリハリがあるだろう?」(I guess its being a current recording shows in how colourful it is.)と嬉しそうに言ってから2階へ引き上げてしまったのですが...


私としてはなんかあっけらかんとしていて物足りない演奏であると感じてしまいました。
要するに、超絶技巧的な部分をあまりにもさらっと弾いてしまっているだけでなく、(勝手な解釈なのですが)音が明るすぎてあまり色気が無いような印象を受けたのです。

やはりチャイコフスキーは少々いやらしいくらいで無いと!(これぞ勝手な思い込みです)

ところで、確認のためにベルのCDを父から拝借してかけてみたところ、ちゃんとありました。色気が♪2楽章以降の演奏、特に最後に入っている小品はかなり聞き応えがあると思います。

でも少々古臭くても私にはオイストラフのLPが一番かな?

Bell-tchaikovsky.jpg
ちなみに、アマゾンにはベルのCDしかありませんでした...

posted by EnglishMaster at 23:22| Comment(744) | TrackBack(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

胆大心小

先週の水曜日だったか、DSで最近ハマっている漢検対策をやっていた時に、問題に見慣れない4字熟語が出てきました。

タンダイ心小

「小さい」に対応するため、2文字目は「大」として、1文字目は「心」に対応するとして「胆」だろうか、と想像して入力してみると、見事当りました!

しかし、胆が大きくて心が小さいとは一体どういうことだろう、と気になって、帰ってから電子辞書で調べてみると、

@大胆で事に動ぜず、しかも細心であるべきこと。
A文章を作るときには、大胆かつ細心であるべきこと。
出典『大辞林』

とあるではないですか。
これぞ法律文書作成の時の心意気を見事にあらわした言葉だ、と感動した私は、次の朝、隊長が様子を見に来た時に早速報告しました。

"I've learned a new yoji-jukugo that perfectly captures the spirit required in legal writing!"

"What is it?" という彼の問いに対し、手元にあった付箋に「胆大心小」と書いて渡すと、彼は「タンダイシンショウ」と呟いたあと、"What's it mean?" と聞いてきました。

"It means 'To be bold, but...'" (意味は、[大胆でありながら、])
と言った時点で、彼は、"Hang on, I got it," (ちょっと待て、分かったぞ)と言うではないですか。

"It means 'to be bold but to pay attention to detail', doesn't it?" (大胆でありながら、細かいところにも気を配る、ということだろう?)と一人で分かってしまいました。
(私よりも日本語のセンスがいいのかも知れません (^^;)

"That's right,"(その通り)と私が言うと、すっかり気に入ったみたいで、"It's brilliant. We should have a headband made up with this on it."(これは素晴らしい。これで鉢巻でも作るべきだよ)と言い出しました。

そして何を考えたのか、それに続けて、"I'll be 胆大, and you can be 心小!"と。

これに対し私がそんなことはできない、という困った顔をすると、彼は "Well, maybe I can be 胆大 and the young lad can be 心小."

確かに書生君なら「心小」が務まるだろう、と妙に納得したところ、彼は "Or maybe it's Big who's 胆大 and me that has to be 心小?"(それとも胆大であるのはビッグであって、心小でなければいけないのは俺か?)とどんどん想像を膨らませ始めたみたいでした。

そこまで考えるか!と呆れてしまったのですが、少し暇ができたらA4用紙2枚ほどに「胆大」と「心小」と印刷して、隊長と書生君に渡そうか、と考えているところです。
posted by EnglishMaster at 22:12| Comment(493) | TrackBack(0) | 文化・言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

七福神

2週間ほど前になりますが、隊長と「エビスビールは美味しいよね」という話をしていたところ、いきなり"Can you name all the Seven Lucky Gods?"(お前は七福神全員の名前が言われるか?)と聞かれてしまいました。

え?と思ったのですが、

"Well, there's Daikokuten,"(まずは大黒天でしょう?)

"Then Benzaiten...that's the sole female deity,"(あと弁財天、これが唯一の女神)

"and Bishamon...is he one of them too?"(それと、毘沙門も仲間だったっけ?)

と言ったところ、

"Go on," (あとは?)と聞かれたので

"I can't remember the others." (他のは思い出せません)とギブアップ。

すると隊長は、やれやれ、という顔で、

"This used to be my party trick, you know. I would name all seven, and everyone would say 「すごい!日本人よりよく知ってますね!」"(どうやら、全員の名前を言えるのが宴会時の芸だったみたいです)

で、得意気な顔で、

"There's also Hotei, the fat one," (あとは布袋だろ?あの太ったやつ)

"And Fukurokuju; he's the one with the long head."(それと福禄寿。彼が頭の長いやつだ)

しかし、それでは六人にしかなりません。

"That's only six," と指摘すると、彼も数えなおして、うーん、やっぱり最後はわからない、と言いました。

ちょうどそのときは時間の余裕があった私は、自分の席に戻るなり、早速ウィキペディアを検索。最後の神様の名前を調べてから、隊長にメールで知らせました。

以下、その後のメールのやり取りです。

私:"We forgot Jurojin (寿老人)."(私たち、寿老人を忘れていたのよ)

隊長:"You forgot Hotei and Fukurokuju as well..."(君は布袋と福禄寿も忘れていただろうが...)

私:"In my case, being able to name all Shichifukujin does not a party trick make." (私の場合は、七福神全員の名前が言えても、芸にはならないんだから)

隊長:「それでも日本人ですか!!!」(これはわざわざ日本語で書いてきたのです)

私:"I think one key problem is that we don't really have to work at being Japanese."(日本人というものは、別に努力をしなくても日本人である、という点が問題なのだと思うわ)

隊長:"accident of birth"


最後の文を見て、隊長の真意を図りかねました。もしかして、彼は日本人に生まれたかったのでしょうか?
posted by EnglishMaster at 23:10| Comment(471) | TrackBack(0) | 文化・言語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラップトップ購入!

大変ごぶさたしております。

新年早々海外旅行にでかけてから、仕事の方がすっかり忙しくなってしまい、またデスクトップを置いてある部屋が寒いこともあって、かなり更新が滞ってしまいました。

書きたい記事のリストばかり長くなっていく感じで、私としても結構ストレスがたまってしまいましたね。

そこで!もう少し気軽に記事をかけるように、と一年以上も前から考えていた「ラップトップに買い換える」という構想を、ついに実行に移しました。

購入したのは、パナソニック製レッツノートのA4サイズのもの(CF-Y7)です。この軽さなら、いざ一人暮らしを実行したときに近くのスタバに持って行って記事を書けるし、DVDマルチドライブがついていて、画面も大きく、キーボードが打ちやすいためメインマシンとしても全く不足がないと思ったからです。

ただ、要らなくなったデスクトップを母に譲る前にメモリを増設しようと考えたところ、その作業に手間取って、今は電源が入らなくなってしまいました (>_<)
これではデータ移行ができない???

かなりショックです。
posted by EnglishMaster at 22:33| Comment(285) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

Happy New Year!

皆様、明けましておめでとうございます m(_ _)m

思えば、昨年は色々と変化があり、あっという間に過ぎ去ってしまいました。
今年も、怒涛のような年になる予感がいたします。

実は、あと6時間ちょっとで妹の結婚式のためにアメリカに向かって発つことになっているのです。
一年の計は元旦にあり、と言いますが、海外旅行で始まる一年にはたくさん旅行ができるのでしょうか。

それはさておき、本当は物理的な住所を存じ上げない方には一人一人、電子年賀状で挨拶するつもりでしたところ、荷造り等に追われ、紙の年賀状だけで精一杯になってしまいました。

そこで、ここでひとまず、昨年お世話になった人々、また読者の皆様に、お礼を申し上げたいと思います。

本当に色々とお世話になり、またブログにアクセスしていただき、ありがとうございました。

今年も頑張りますので、どうか宜しくお願いいたします m(_ _)m
posted by EnglishMaster at 04:47| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

仕事納め

実際の仕事納めは、木曜日でした。

ご主人様がそろって休暇を取っていたため、暇を持て余しても仕方が無いと思い、部屋の片付けでもやろうかと考えた上で金曜日に有給を取ったのです。

家の部屋は依然として手付かずの目も当てられない状態ですが、オフィスは机の上に散乱した書類をきちんと片付け、ウェットティッシュで雑巾がけまでしました。

きれいに片付いて感動したあまり、写真まで撮ってしまった私は一体...

でも本当に整理整頓は苦手な方です。仕事では、周囲に触発されて大分改善されつつありますが、それでも2ヵ月ほど前に一度机上を整理した時には、C君に "It was starting to look like a bomb site," (ちょっと爆撃地の様相を呈していたものね)と笑われてしまいました。

あの状態で bomb site とは、甘いですね。その表現は、今の私の自室のような状態のためにとっておくべきです。なんせ、オフィスの机はどんなにひどい状態でも2時間あれば机の上のものをなくす事ができるのに、家の机は2日間経っても何も改善されていないのですから。

ところで、木曜日は「やるべきことを終えた!」という気分で意気揚々と帰途についたのですが、地下鉄に乗った後、一つやり残したことがあったことを思い出しました。

実は、事務所のクリスマス・パーティで同僚に、"I think you have a really sultry voice message," (あなたの留守録の応答メッセージ、なんかとても官能的だと思うわ)と指摘されて以来、メッセージを録音しなおそうと考えていたのに!

(酔っ払った時になってはじめて指摘されたことを考えると、彼女に「こんなことを言っては悪い」という意識があったのでしょうか?)

C君がパートナーの部屋に引っ越して以来、久しぶりに一週間ほど部屋を独り占めできていたことを考えると、とても悔しいです。
来年早々、同部屋の弁護士の人が外出しているときでも狙って、何とか対処せねば。

早くも新年のTo-Doリストに、項目を加えてしまったわけです。
posted by EnglishMaster at 23:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Six Degrees of Separation

訳せば「縁のマジック」でしょうか?

人は間に最大6人が入れば(例えば、知り合いの知り合いの知り合いの知り合いの知り合いの知り合い、という具合に)世界中の誰とでもつながっている、という理論です。

人と人とは、本当に不思議なところでつながったりしているものです。

以前より、LinkedInという一種のSNSに登録していたのですが、本日メールを整理している時に、長い間ログインしていなかったことを思い出しました。

そこで、転職後の情報を反映させるべく少しプロフィールを編集した後、他に知り合いがいないものか探してみました。

すると、何と、"People you may know" (あなたが知っているかもしれない人)という見出しの下に、元生徒さんで昨年転職してアメリカに行ってしまっていた人の名前があったのです!

最後に教えたのが昨年の6月頃だったので、一年半ほど連絡を取っていなかったのですが、リンク申請を送ったらすぐにメールで返信してくださいました。
(実はこの方、偶然にもちょうど私が企業派遣レッスンで担当していた同じ時期に私の父とも仕事をしていらしたのですが、これも縁の不思議ですね)

なぜか、ずっと気になっていた落し物を見つけたときと同じような、とても幸せな気分になってしまいました。

これですっかり気をよくして、ついでに遠い昔のNCB時代の知人も一人掘り起こしました。

mixiでも卒業以来連絡を取っていなかった後輩にマイミクになっていただいたりしているのですが、本当にSNSの威力はすごいですね!

(まだSNS上のつながりが無い、という方は、是非私を探してみてください)

ところで、このLinkedInはどちらかというとお仕事用のSNSで、転職情報の掲示板などもあるのです。

「英会話教師」から「パラリーガル」に登録を変えてから、ものの数時間も経たないうちにヘッドハンターから「是非一度お会いしたい」というメールが来てしまいました。
今の職場はものすごく気に入っていて、全く動く気など無いのに...

今の仕事は結構需要が高いものであることも、改めて実感した今日この頃でした。
posted by EnglishMaster at 23:25| Comment(29) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

はじめに

このブログの題名を長らく連絡を取っていなかったNZ人の友人に伝えたところ、"Sounds a bit SMish" (なんか、まるでSMの世界だね)と言われてしまいました。

そこで、妙な誤解を起こさないように、まずこの題名の趣旨を一言説明しておいた良いだろうと考えました。

あれは9月頃だったか、隊長とツバメ君と接待に同席させていただいた後、飲み足りないと言う二人に内輪の2次会に連れて行かれました。

その時、隊長が私に向かっていったのです。

「良いかい、君は我々の奴隷なんだからね。素晴らしいスキルを持っていることは認めよう。でも奴隷であることに変わりはない。良く覚えておくんだよ」

これを聞いて私はかなり呆れてしまったのですが、

「まあ、古代ローマでは教師や医師でも身分は奴隷という人がいたから、別に奴隷でも良いですよ」

と答えました。
すると、彼は嬉しそうに、

「そう、その心意気でよろしい」

と返してきたのです。
(後になって、実は彼がこのような実情をある程度は忠実に描いているBBC/HBO共同制作のドラマシリーズ『ローマ』が大好きであることを知りました。ちなみに、このシリーズは日本でもWOWOWで放送されているみたいです)

ところが、良く考えてみると、これは実に的を得ている表現であることに気付きました。

私は基本的に自分で仕事を取ってくる立場では無いので、仕事があるかどうかは完全にチーム内の弁護士にかかっています。
また、私がやった仕事でも、彼らがチェックした後自分の名前でクライアントに送られるので、私が責任を取ることも一切無いのです。
仕事内容も多岐に渡り、基本的に「できない」とは言えません。「それならできるところまでで良いから」と言われるからです。

これって、「奴隷」そのものだと思いません?

かくして、私は「仕事内容は?」と聞かれると、「弁護士の奴隷です」と答えるようになったのです。

最初は「奴隷」という日本語を知らなかったC君も、私が時折複数の弁護士から一度に色んな仕事を頼まれ、目を回しているのを見て、"I guess you really ARE a slave," (あなたはやっぱり奴隷のようですね)とコメントするに至りました。

でも、奴隷という身分も、主人に恵まれれば決して悪いものではありません。高度なスキルを持つ奴隷であれば、かなり大事にしていただけます。

そこで、このブログではそのような恵まれた環境で楽しく仕事をする「奴隷」の日常を紹介するものである、と理解していただければ幸いです。

なお、『ある英会話教師のつぶやき』よりこちらにいらした読者の皆様には、改めて今後ともよろしくお願いいたします m(_ _)m
posted by EnglishMaster at 22:10| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

登場人物紹介

まず、これが無いと何も始まらないので、主な登場人物紹介を。

隊長(英語では "Captain"):元英国海軍少佐で剣道四段のイギリス人弁護士。電話で話せば、日本人ではないかと錯覚してしまうほど日本語が上手。

ツバメ君(または書生):同じく日本語が達人の域に達しているイギリス人弁護士。渾名は私ではなく、彼が奥さんよりも年下であるという理由で隊長が勝手につけたもの。色白で眼鏡をかけていて、片時も辞書を手放さないところから、私としては「書生」のイメージがぴったりだと思ってしまうのです。

C君:イギリスの名門大学で日本語を専攻している学生。9月からインターンとして働いており、同じ部屋で弟のように面倒を見てきました。残念ながら年明けからは別々に。

博士:法学博士のドイツ人弁護士でパートナー。話せる言語は母国語のドイツ語に始まり、英語、ロシア語(これは英語よりも上手いらしい)、フランス語とまさにマルチリンガル。日本語も熱心に勉強中。

MP(または「ビッグ」):事務所のマネージング・パートナー。隊長と名前が似ているために、時々名前の前に「ビッグ」という形容詞が付く。実際、隊長よりも背が高い。

イモジン:私のことです。これも隊長が付けた渾名。私が一時期やることがなくて暇を持て余していたとき、彼は私を日本語で「暇人」と呼び、「暇人」と連呼するうちに "Imogen" という英語名を思い出し、「今日から君を Imogen と呼んであげよう」と言ったのが発端。私が、「芋人」みたいで嫌だ、と言うと、面白がって「イモジン」に変更。今では、「今日は暇か?」と聞く代わりに、彼に "Are you イモ today?" と聞かれる有様。
posted by EnglishMaster at 21:28| Comment(21) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。